モデルのように美しく痩せられるダイエット法

驚くほど簡単に、そしてモデルのような痩せ方が出来る「モデ痩せ」。是非、貴方もモデル体型にチャレンジしてみて下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運転代行サービスを利用しよう

運転代行サービスは最近の飲酒運転による悪質なドライバーの増加により、道路交通法が改正され、その存在がにわかにクローズアップされてきました。特に法律の改正で飲酒運転で摘発されると、即免許取消、「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」となり、飲酒運転は割に合わない、との認識が広がったことがあげられます。また、飲食店も酒を提供してお客さんが事故を起こした場合、責任を問われることから積極的に運転代行を勧めています。

代行運転サービスは深夜の公共交通機関が貧弱な地方で伸びています。中でも酒類を提供する飲食店との提携が増えています。飲食店側では道路交通法の厳罰化で客足が減少したが、客の帰りの足の確保ができれば客が戻るとの読みもあり、積極的に代行運転業者と提携する動きが急である。特に週末の夜はこうした提携店に代行サービスが取られ、一般の利用者はかなり待たされる状態がでている。

運転代行サービスの料金はタクシーと違って自由に設定できるため、ちょっとわかりにくいかもしれません。ほとんどの業者は距離制をとっています。内容は初乗り運賃(大体4?10キロ)を1キロ○○円で計算し、それを超えた距離は別のキロ単価をかけます。例えばある業者の場合、飲食店から12キロの場合ですと、初乗り1,500円、10キロを超えた料金が150円×2キロ=300円となり、合計1,800円となるようです。この場合の距離の計算はお客の車の距離計をもとに算出されます。

代行運転会社の業界は今が戦国時代です。開業のしやすさから小は夫婦で経営するものから、ある程度の資本をもって運営するものまで千差万別です。特に料金体系がばらばらなのは利用者から見て納得がいかないものではないでしょうか。また、参入障壁が低い分、撤退も簡単で新陳代謝が激しい業界になっています。そのため低価格競争になり、それがサービスの低下→トラブルの頻発→廃業という最悪の循環になっています。業界団体には業界のモラルの向上と健全な運営を望みたいものです。

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。